スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Friendship

こんにちは。
みなさん三連休楽しく過ごされておられますか。
ぼくは初日の朝まで飲んでしまって、1日目をつぶしてしまったので
もはや2日目はパソコン三昧、今日も愛馬を調整に出そうと思っていたのを
昼まで寝てしまったのですでにやる気をなくしてしまいました。
おとうです。

そんなグダグダなぼくですが、優雅に読書をし、podcastでお笑いのラジオを聴き、
Mumbleにつないだら誰もいなかったので長々と文章を漏らしてしまいました。

ちょっとだけ真面目で、ちょっとだけクリエイティブなことです。




最近、とあるクラン様ととても仲良くさせて頂いております。
猫組さんです。
クランマスターののらくるさんが目立ちたいみたいなので
あえて大きく書きました。
ま、このブログ自体はそんなに目立たないので効果は薄いんですけど!
残念!


この猫組さんですが、本当にめんどくさい個性豊かな方が揃っています。
バーベキュークランらしいです。身元不明不可とか素敵です。
わがクランBugも基本的に個人情報垂れ流しです。たまに本名とか忘れますが。
もうVCとかも自由に入り乱れてプレイしたりします。
クランマスターののらくる氏を筆頭に、うるさいよくしゃべるみなさんです。
ちょうどクランの方針というか傾向が似てるんですね。すばらしいことです。
こういう雰囲気も楽しくゲームをする上で重要なファクターだと思います。

今回はこのファクターについて少し触れてみたいと思います。


 CSOのようなゲームで友好関係を築くことが「馴れ合い」であるとかいう意見をお持ちの方も少なくないようです。そもそもオンラインゲームとは、オフラインの家庭用ゲームと違い、単純に言うと人と人とのプラットフォームです。どうせ人と一緒にやるなら楽しいほうがいいべ!と思うのは当然ですよね。しかもそれが、異なる年齢層・職種・地域等、普段の生活では会うはずのない人たちと触れ合えるというとてもラッキーな機会です。だったら最大限に活用したいと思うことも必然の流れだと思います。
 それがぼくの志向であり、Bugの志向でもあると思っています。

 さて、このような考え方の上に立ってみると、実はクラン同士の交流が現状ではとても少ないと考えられます。よくネットゲームをする人は排他的な人が多いという意見を聞くことが多いですが、それは違うと思います。なぜなら、排他的である人間が人と触れ合うオンラインゲームをする、ということ自体がすでに矛盾であると考えられるからです。
 つまり、一見排他的と思われるような人も、実は人との触れ合いを渇望していて、自分と他人との関係を作り出すことが躊躇われているだけなのです。もしくは、「この人とは合わない」と決め付けてしまっているだけなのです。リアルな生活でも、"話してみたら実は気が合う人だった"とか、"あの人の仕事ぶりから、イメージが変わった"などということも少なくないですよね。
 CSOのように、クランという集団を一度作ってしまうと、その集団内での結束によりその決め付けがより強固なものになってしまったり、集団内での触れ合いだけで満足する場合もあると思うのです。これはすごくもったいない!

 コラボレーションという言葉を聞くと思います。アーティストがよくやっていますね。wikipediaで調べると、共に働く、協力するの意味で、共演、合作、共同作業、利的協力という意味が示されています。共に同じ活動をすることにより、お互いのよいものを併せてよいものをつくる、もしくはより高めあうという意味です。これはCSOのクランでも同じようなことが言えるもので、実はそれを実践している人も中にはたくさんいます。それは、クランをいくつも渡り歩いているような人です。それぞれのクランの良いところを吸収しつつ、それに甘んじることなくよりよいものを求めていく、という姿勢です。(残念ながら、中には一つのクランにとどまることが性格的に困難な方や、品行方正であることを保てないことが理由である方も一方ではいるようですが。)

 ではどのようにしてCSOで実践すればいいのか。これは難しいですね。目的がいくつかあります。大きく分けると、「強くなるため」「楽しくするため」という二つでしょうか。これはよく言う"ガチ"というのと"まったり"というスタイルに当てはまると思います。両者を満足させつつコラボレーションすることができるのでしょうか。これは、ロジックをこねくり回して考えるのも重要ですが、やはり一番信憑性のある統計に頼るのが一番でしょう。
 つまり、"やってみる"ことです。とりあえず何でもいいから実践することです。何をするときも必ず"失敗したら"とか"誰も相手にしてくれないんじゃ"というマイナス要素が働くわけですが、クランを立ち上げるような意識のある人間であれば、よりよいものにするための一歩を踏み出す勇気は持ち合わせているでしょう。

 さて、書き始めたときは、いかに猫組のウザさすばらしさを説明してやろうかと、満身創痍を覚悟の上臨むつもりでしたが、なんだか自分の言いたいことを言ってしまいました。それだけ猫組さんのキャパが大きいってことですね。海より不快深い信頼感がなせる業です。

 何言ってるかわからなくなる前に話を戻します。

 先にも述べましたが、人種のるつぼのような環境のオンラインです。クランも様々な方針、考え方、付き合い方があるかと思います。大会志向、盛り上がり志向、ゾンビ等のゲーム志向、ただの暇つぶし志向、等々。少なくとも同じカテゴリと思われるクランは存在するわけで、おそらく同じステージ、シチュエーションでプレイしているはずです。そういったクランはやはり、考え方も似ているところが多いでしょう。マナー云々の話はあると思いますが、交流を持つことでよい結果は必ず生まれます。
 今はまだぼんやり考えているだけですが、何かしらクラン交流ができるプラットフォームがあればいいなと思っています。いざやろう!となったときに軽やかに動けるためには、今から自分がもてる交流を広げていくことでしょうか。今こう書いたことで、ぼくは一歩踏み出すきっかけを得ました。クラメンのみんなも協力してくれると思いますので、興味を持った方や同意見だという方は、一緒に考えてみませんか!前向きであることに恥ずかしさを覚える必要はありません。ゆっくりでも進むことに意義があります。ぼくたちプレイヤーでしかできないことがあるんです。

スポンサーサイト

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

卍とりあえず、卍
卍合同卍BBQ卍東京開催希望です卍

xX卍了卍解卍Xx

No title

どこに縦読みがあるんですか卍?卍?卍

卍きみ卍自身で探すんだ卍!
プロフィール

otoh3

Author:otoh3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。